スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後の災害に備えた動物救護対策の普及の重要性

今後の災害に備えた動物救護対策の普及の重要性
環境省提示

しかしながら、今般の大震災(東日本大震災)では、
福島県内の避難所に実際に避難したペットの数は、
355頭、猫 79頭、その他の小動物 14頭(平成 23年 4月 5日時点)と
犬の登録頭数等の割
には少ないと言われています。



今後の課題として、都道府県等が災害に備えた
被災ペット対策や体制を整備することに加
えて、

その内容について、
飼い主や市町村等の関係機関や団体に対して、
平常時に周知して
おくこと
、さらに、ペットが家族の一員として
捉えられる現代社会において、
ペットとの同
行避難を推進することが、動物 愛護の精神だけでなく、
飼い主への必要な支援であること

市町村や地域住民に周知すること、
ペット同行の被災者を避難所等で受入れるために、
避難
所の設置・管理者である市町村担当部署と連携・調整を
行うこと等が自治体の重要な役割で

あると考えられます。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JAPANIMALS Membership 

Author:JAPANIMALS Membership 


動物の愛護と適正飼育の知識を人々に広く高く認識・気づき・理解を普及する事に努め人と動物が相互に幸せに暮らせる地域社会を構築する事に寄与することが目的。
主に啓発、啓蒙活動、人々に適切な情報の広報、
周知発信に伴う個人活動グループ ☆メンバー募集中



Symbiosis with animals and humans


問い合わせ:
japanimalsmail@gmail.com

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。