スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015 6/28 zone 存在しなかった命 上映会in浅草


福島原発事故に伴う警戒区域に取り残された動物と人との
関わり合いのドキュメンタリー映像



zone 存在しなかった命 
監督:北田直俊



上映会in浅草

暴风截图201212313757596
 2015・6・28(日曜日)


場所:台東区民会館 8F 
第4会議室 定員40名

開場:13:30

上映:14:00

年齢:中学生以上



〒111-0033 台東区花川戸2丁目6番5号 8・9階(都立産業貿易センター台東館併設)

入場無料:(カンパ募金制)

地図はコチラ

交通
東京メトロ銀座線浅草駅7番出口から徒歩約5分
東武伊勢崎線浅草駅から徒歩約5分
都営浅草線A5出口から徒歩約8分
つくばエクスプレス線A1番出口から徒歩約9分
北めぐりん二天門停留所からすぐ

上映:14時〜

年齢:中学生以上



2011年3月12日に発生した東京電力福島第一原発事故によって、
その周囲半径20キロが強制避難区域に指定され、一般人の立ち入りはおろか
報道規制が張られジャーナリスト及びカメラの持ち込みさえも禁止されました。
 地図からスッポリと抜け落ちてしまったその区域には多くの動物が取り残され、登録されていた数だけでも牛が約4,000頭、豚30,000頭、鶏630,000羽、犬猫などのペットが20,000匹以上にのぼったという。
そういった水も食物も無い過酷な状況下で9割以上が餓死したと言う事実を知っていますか?




暴风截图20143142419201


これは2011年実際に日本で起きた事です。
政府はこの事実を無かった事の様に
国民に大々的に周知していません。
生きてる尊い命がそこには明らかに飼い主を待っている多くの命が存在していました。
にもかかわらず、その命は強制的に抹消されたのです。
とても悲惨で辛い事実です。

暴风截图201431410351539
この事に対して私たちは眼を背け
過去の事として済ませられないかと思います。
なぜなら私たちの国、
日本は待ったなしに地震大国、何時なんどきにも
また、あの巨大な地震がくるやも知れない場所。
その島の上には原発が50数機程度設備されているという国なのです。


そして現在日本はペット大国と言われ
2000万匹を超えるペットが人に飼育されているといわれており、
約半数の家庭でペットが飼育されている計算になります。



いまでも福島原発事故後に福島警戒区域の中で紐をつながれたままで
原発被災地·飯舘村に数年間も短い鎖に繋がれながらも
必死に生きている儘の健気な番犬達がいるとの事です。

暴风截图2012995362705



この日本で、今の原発再稼働を前提とし政策を行おうとしている政府の元で
また地震災害、原発事故がおきるリスクが非常に高いのです。
日本に生きている命を原発事故時には
また家畜や愛するペット達を全て置き去り放置で
見なかった事に私たちはするのでしょうか?

暴风截图20128214562420


どうして、なぜ何百万匹と言う動物達を強制的に
隔離放置、餓死させなければならなかったのか?
放置しなければならなかった理由を起こした主な原因は?
また同じ事が繰り返さないためには?対策は?
私たちに出来る事は?
と、すべて日本に住む一人一人に、
もっとこの事実を問題を知ってもらい
今後の日本を良き方向に動物達やペット達と幸せに
共生できる社会へ変える考える力の糧にしてほしいと思います。
その力になってくれるのが、コチラの
 zone 存在しなかった命 
ドキュメンタリー映画だと思っています。

監督の北田さんはこちらのドキュメンタリー映画をお一人で
スポンサーも支持団体もいないほぼ個人による記録映画製作体制で作られたとの事です。
とても、私は頭が下がる思いでした。監督の北田さんは
原発事故により苦境にあえぐペットや動物達を映像にリアルに残し
沢山の人々にその映像から、かいま見れる実情を周知し、
なんとか苦しんでいる動物達を助けようとしている
そのご活動に、私の力でも微力ながらお手伝い出来ればと、
今回上映会を浅草にて開催させて頂こうと思いました。


暴风截图201282023677067


今後、日本で同じ原発事故による悲惨な惨状、過ちはもう繰り返してほしくありません。
今後原発事故時にどう私たちが愛するペットたち、家畜、動物達を守るべきか
原発は人が作って人が考えて動かすのであるのだから原発事故時に対するリスク対策を、
人間の影響下にあるペットや家畜、動物達の尊い命を守る対策も
全て一緒に人が考える必要があるかと思います。

今のまま無いがしろで原発事故時のペット、家畜避難対策がないままの
再稼働は再度同じ悲劇が日本の動物たちに降りかかって来てしまいます。

福島で起きた、そして現在も起きている日本に生きる動物たちの事実を
今後の日本の未来の為にも沢山の人に知ってもらい、
考えて頂きたく今回、監督の北田直俊さんに
浅草で上映会を開かせてもらえる様お願いしました。

浅草で上映の許可をしてくださった
監督の北田さん、ありがとうございます。


今後いかに愛するペットや家畜達を
原発事故災害時に守るのかは日本の課題だと思います。




unnamed[1] (10)






参考URL

zone 存在しなかった命
http://www.adg-theater.com/zone.html

希望の牧場
http://blog.goo.ne.jp/kibouno-bokujyou





上映会に伴いご協力頂けた
粋な浅草のお店 



東京浅草の猫カフェきゃらふ 


浅草公園六区にある猫のいる喫茶店 若生

ペット用品、百貨 浅草千束 丸重

                        
  ご協力ありがとうございます!




スポンサーサイト

テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JAPANIMALS Membership 

Author:JAPANIMALS Membership 


動物の愛護と適正飼育の知識を人々に広く高く認識・気づき・理解を普及する事に努め人と動物が相互に幸せに暮らせる地域社会を構築する事に寄与することが目的。
主に啓発、啓蒙活動、人々に適切な情報の広報、
周知発信に伴う個人活動グループ ☆メンバー募集中



Symbiosis with animals and humans


問い合わせ:
japanimalsmail@gmail.com

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。